【シャドバ】フェイスドラゴンの使用感と立ち回り

どーもHALです。

今回はシャドウバースのフェイスドラゴンデッキの解説記事です。

 

まずはレシピをどうぞ

フェイスドラゴン

フォロワー

3:ゴブリン

3:アイボリードラゴン

3:大嵐のドラゴン

3:サンダーストームドラゴン

3:ムシュフシュ

2:ファイアーリザード

3:トリニティドラゴン

2:鉄鱗の竜人

3:ジークフリート

2:ドラゴンウォーリア

3:ダークドラグーン・フォルテ

スペル

2:エンジェルスナイプ

2:竜の伝令

1:エンジェルバレッジ

3:デモンストライク

2:死の舞踏

 

基本的な立ち回りとマリガン

基本的には

1ターン目に「ゴブリン」、2ターン目に「サンダーストームドラゴン」、3ターン目に「トリニティドラゴン」、とそのターンにできる最大効率の動きをしながらボード展開していくテンポプレイが基本となってきます。

そのためマリガンでは「竜の伝令」を含めたスペルカードは全てデッキに戻します。

また序盤展開できないことも恐ろしいので3コスト以上のカードは基本デッキに戻します。(ニコスのカードが引けている時に限って「トリニティドラゴン」は残します。)

 

デッキ相性と個別の立ち回り

vs超越ウィッチ

相性9:1

基本的に勝てます。

「トリニティドラゴン」は処理されやすいフォロワーなので進化は他のミニオンに任せましょう。

サンダーストームドラゴン」を安定して除去れるスペルは「虹の輝き」のみなので、初手にニコスが何枚かきたときは優先的に残しましょう。

「古き魔術師・レヴィ」が絡むと一瞬でボードアドバンテージを取られるので、5ターン目以降は各種スペルやフォルテのバーストダメージを狙っていきましょう。

 

vsガルラビショップ

相性5:5

先手有利なマッチアップになりやすいですが、基本相性はないです。

「トリニティドラゴン」は十分フィニッシャーになりえますが「漆黒の法典」と「鉄槌の僧侶」に引っかからないように、顔面を殴れるときだけ進化すべきでしょう。

「ガブリエル」を採用したレシピが増えてきていますが、「ムーンアルミラージ」or「天空の守護者・ガルラ」の3点で耐えることのできるライフであれば、いっそ割り切って顔面を叩いて次のターンに勝ちに行くことも必要なプレイングです。

 

vsエイラビショップ

相性6:4

割とシビアですが微有利だと考えています。

フォロワーの大きさではそもそも負けているので「エイラの祈祷」の有無は勝敗には関係ありません。むしろ貼ってくれたら1ターンくれたようなもんです。

序盤しっかり押していかないと最後でリーサルギリギリ届かないということにもなりかねないので、「ムシュフシュ」をはじめとしたパワー2の2コスフォロワーをキープすることが重要です。(「ユニコーンの踊り手・ユニコ」とのトレード役としても。)

 

vsテンポエルフ

相性4:6

微不利です。

「クリスタルプリンセス・ティア」によってボードを取られ、「エルフナイト・シンシア」で押し込まれるパターンへの対抗策がほぼありません。

対策として自分は「エンジェルバレット」を採用していますが、これを打っているだけでボードテンポを失っていますし100点の解答だとは思っていません。

マリガンの際のポイントとして、先手の場合は「森荒らしへの報い」を誘い「トリニティドラゴン」を活かすため「ムシュフシュ」をキープ

後手の場合は「ベビーエルフ・メイ」を絡めた展開でテンポを取られないよう「サンダーストームドラゴン」をキープするのが良いと思います。

 

vsロイヤル系

相性6:4

有利です。7:3といってもいいぐらい。

序盤は「歴戦のランサー」によってテンポをつかみにくいですが、「トリニティドラゴン」を割ることのできるカードが「渾身の一振り」しかないため、進化できれば無双できます。

コントロールロイヤルの場合は「死の舞踏」「ジーウフリート」の使うタイミングをしっかり見極めましょう。「デモンストライク」をミニオンに打つことも十分間考えていいと思います

 

 

現在自分で使ってる記録では勝率は70〜75パーセントです。

一試合の時間も短いですしランク上げに用いてみてはいかがでしょうか??